先日、3DS「いつの間に交換日記」の全サービスと3DS「うごくメモ帳3D」の一部サービスが停止されました。非常にユニークで質の高い人気サービスだっただけに残念でなりません。

ニンテンドー3DSソフト『いつの間に交換日記』および『うごくメモ帳 3D(フレンドうごメモギャラリー)』により、公序良俗に反する写真が送受信されてしまう事例が発生していることを把握し、防止策について検討をしてまいりました。
しかしながら、現状ではこれらのサービスにおいてはすべてのお客様に安心してご利用いただける環境を提供することが困難と判断し、本日をもってインターネットを利用した写真の送受信が可能な下記のサービスを停止することにいたしました。

ネット上には、3DSのフレンドコードを交換する「出会い系」的な掲示板がいくつかありまして、主に低年齢層(中学生ぐらいまで)の利用が多いようです。「いつの間に交換日記」などは、撮影した写真を秘匿に送受信するにはもってこいの仕様でしたから、このような問題が起こることは必然だったように思えます。

当然、任天堂もそのような事態を予見していたはずなので、写真はすべて監視するなどの対策を済ませていたと思っていたのですが、そうではなかったようで逆に驚きです。

何にせよ、サービス「停止」とのことなので(「終了」と言っている人もいますが、「終了」とするソースを見つけられませんでした)、対策を済ませた上で再開されることを期待するしかありませんね。もっとも、年度内に3DSを「Miiverse」に対応させるという話もありましたので、そちらの方に一本化するということも考えられますが。

で、それとは全然関係のない話を少し。

十年ほど前、国語教員に対して、少し専門的な話をしていたときのこと。相手が相手なので、なるべく難しい専門用語を使わないように心がけていたのですが、途中に「すみません、いまの意味が分かりませんでした」と言われました。そんな難しい言葉を口走った覚えはなかったので、「何が分かりませんでした?」って聞いてみると、「こうぞろうぞく?みたいなのが」と。何かと思ったら、「公序良俗」ですよ。

まぁ、「公序良俗」、確かに早口言葉みたいなので、滑舌が悪くて聞き取れなかったのかもしれません。改めて「こうじょりょうぞく」とゆっくり言ってみたのですが、「そんな言葉、知らないです」とまさかの返答。周りの教員もみんな知らないという始末。

大学教授が同席していたので、「僕、なんかおかしなこと言いました? 公序良俗って使いますよね?」と尋ねたら、「よく使う言葉だよねぇ」と苦笑していました。

非常識というか、これでよく国語教員が務まるんだなぁとも思いましたが、公序良俗、どちらかと言えば、書き言葉に分類されそうな言葉ですし、四十代五十代の国語教員が知らないのなら、一般的には認知度の低い言葉かもしれないので、それ以来、なるべく使わないように、別の表現を使うようにしています。

でも、任天堂が今件のリリースの中で、普通に使っているんですよね。しかも、ネット上で「公序良俗の意味が分からない」と言っている人も見当たらないので、認知度の低い言葉というわけではないようです。

あのときの国語教員たちがバカ揃いだったことが、十年越しに明らかになりました。